昨日も、幸せな1日でした

  • 2010/11/04(木) 22:06:08

昨日もうれしい日でした。ずっと私を支え続けてくださっている人たちがいます。い
え。メルマガのみなさんもずっとなんですけど、もう10年以上もずっと支えてくだ
さっている方がいます。4人の方。そして、その4人は、いつのまにか、おもしろい
ユニットで支えてくださっています。
 いつも講演会のことなど本当に何もかもをしてくださってる小林さんと、ペルーの
天野博物館の阪根さんと、そして、写真家の野村哲也さんが3人で、イヌサルキジグ
ループ。それから、イスラエルが関係するのだけど、小林さんがぺテロで、津の赤塚
さんがパウロで、ぺテロパウログループ。そして、イエス様のお話人出てくるのは、
東方三賢人なんだけど、みなさんはおもしろく東方三愚人という名前で小林さんと赤
塚さんと阪根さん。
とにかく、4人なんですが、その4人と、赤塚さんの奥様のひろこちゃんと、福井の
さっちゃんとそして映画監督の靖子ちゃんが宮ぷーのところに来てくださいました。

 そして、宮ぷーはすぐに迷子になったり、とんちんかんなことばかりしてしまう私
を地元で支えてくれていました。宮ぷーは4人が、どんなにずっと支え続けてくだ
さっているかをよく知っています。
 昨日私が来たらすぐにみなさんも登場しました。握手をして、再会を喜んで、みん
なが「宮ぷーの顔がすっごく変わった」とか言ってくれて、宮ぷーは、前日のうち
に、お菓子やコーヒーをなんとみんなの分を用意していて、「ひさしぶりです。おか
しがたなのうえのせんめんきにあるのでたべてください」「れいぞうこにのみのもが
あるよ。おすきなものをおひとつどうぞ」とみんなをもてなしてくれました。宮ぷー
がどんなに今日の日を楽しみにしていたのかがよくわかりました。 

そして、宮ぷーは「きょうはきてくれてありがとう。きっともとどおりになおすから
それまでかっこちゃんをおねがいします」とレッツチャットをすでに入れていて、そ
う言ってくれました。私はまた涙がいっぱい流れたよ。宮ぷーはいつも自分のことよ
り、私や他の人のことばかり言うんだね。
てつやさんはあとで「きっともとどおりに」って言ったけど、「きっと」じゃなく
て、「かならず」そうなると僕は思います。宮ぷーが元気になるすがた見えるからっ
て言ってくれました。うれしかったです。宮ぷーもとってもうれしかったと思いま
す。

靖子ちゃんと私だけ、病室に戻って、みんなは買い出しに出かけて、そのまま合宿所
へ。私たちはリハビリをしました。帰るときに、宮ぷーは「レッツチャットとでんの
しんつないでほしい」と言いました。宮ぷーの本に文章をかかなくちゃと言っていた
ので、いよいよ!?なんて思ったのですが、今日はガンダムのDVDを見たいようでし
た。ところが、途中で画面が消えてしまうのです。私は、合宿所でみんなが待ってい
るから明日にしようと言うけど、宮ぷーが首を振るのです。でも、結局はうまくいき
ませんでした。宮ぷーが「もういいよ」と言ってくれました。ごめんね。(でも、次
の日に省電力モードというのをやめたら大丈夫になりました)

 今日は、8時に合宿所を出て、みんなで白山比め神社にお参りに行きました。白山
さんは、私たちにとって、いつも見守ってくださってる存在。白山がきれいだなと思
うと、今日も白山さんがいてくださると思うのです。そして、石川県に住んでいる私
たちだけでなくて、なんだか白山は人気で、みなさん、来てくださるたびに、白山さ
んに行こうといってくださるのです。私は、みなさんで宮ぷーに会いに来てくださっ
て、そして、宮ぷーが回復し続けていることに、本当にありがとうございますの思い
でお参りしました。
 白山さんで、みんなとお別れして、私と靖子ちゃんは病院へ行きました。

 そしていつものリハビリを靖子ちゃんにみていただきました。私、決めたのです。
靖子ちゃんはいつもそうしてくださるけど、お客様が来てくださっていても、いつも
のリハビリをちゃんとしようって。土曜日、日曜日の一日リハビリをできることは二
週間に一度だけです。だから、とても大切な日。だから、お客様にも手伝っていただ
いて、リハビリをしたらいいなと思いました。

 11時過ぎに宮ぷーが「おべんとうかいにいこうか どこにかいにいったらいいか
な」とレッツチャットで言いました。昨日までの天候と違ってとってもいいお天気。
フリースを着てもらって、さらに上着を着てもらって、お買い物に出かけました。今
日は、吉野家さんに行きました。吉野家さんはスロープがなかったので、靖子ちゃん
が買ってきてくれて、それから、近くにある建物と言えば、パチンコやさんでした。
「入ってみる?」と言うと、宮ぷーがうなずいたので、入ったらすごくびっくりしま
した。

だって、すごく大きな音だったのです。そして、煙草の匂いがいっぱいしました。前
に宮ぷーはパチンコをしたと言っていたから、好きかなと思ったけど、それよりもエ
ヴァンゲリオンのパチンコの台がずらりと並んでいたのを喜んでいて、でも、私と一
緒に「わあ、うるさーい」「たばこくさーい」と一緒に言いながら、でも、倒れてか
ら初めての場所にまた来れたのがうれしくて、きゃあきゃあ笑っていました。宮ぷー
もにこにこしていました。靖子ちゃんが「そんなにくさかったらもうやめちゃう?」
と聞かれて「もう(倒れるずっと前に)やめた」と言っていました。それから、病院
に帰って、痰をとるためにお部屋に戻ったのに、宮ぷーは一階のロビーでごはんを食
べようと、自分は食べないのにそう言ってくれて、そして、そのままロビーに行きま
した。

 宮ぷーが横にいて、私と靖子ちゃんは牛丼を食べて、宮ぷーの近くにハエが飛んで
きたら、宮ぷーは、舌を出して、ハエを追い払おうと「くちでおうせん」しているの
が、私も宮ぷーもおかしくて大笑いしました。
 あとで宮ぷーにいつものように、靖子ちゃんがカメラを回しながらインタビューを
していました。「かっこちゃんが来てくれる日はどんな日?」そんなことを聞いた
ら、宮ぷーがうれしいと言った後「しあわせ」と言ってくれたよ。厳しいリハビリの
繰り返しなのにありがとう。

そして靖子ちゃんは私にも「かっこちゃんが幸せなのはどんなとき?」と質問してく
れました。私は少し考えて「いつも幸せ」と言ったよ。靖子ちゃんは「どういう意
味?」と首をかしげていました。
だってね、一生ベッドに寝たままの可能性が高かった宮ぷーと一緒に近くのパチンコ
やさんに行ってあまりににぎやかで「わー、うるさーい」と言ったり「たばこくっ
さーい」ってきゃあきゃあ笑いあうのってなんて幸せだろう。行くまでの道が少しで
こぼこで、押すのに苦労するところがあって「宮ぷー、重−いよお」って笑うのって
なんて幸せだろう。

私はまた泣きながら答えました。おひるにロビーで一緒に牛丼食べたよね。宮ぷーは
まだ食べれなかったけど。もちろん景色のいいところでフランス料理とかを食べる幸
せもあるかもしれないけど、宮ぷーがハエハエハエハエって思って口を開けたり舌を
出したりして、「くちでおうせん」(口で応戦)して、私はおいしく牛丼をいただい
て、またハエがきたら、宮ぷーがハエハエハエって言って、舌を出して笑っているの
を見るのはなんて幸せなんだろう。それはみんな宮ぷーが教えてくれました。どんな
中にもいつもいつも幸せはあるね。いつだってあるね。今、このときが幸せなんだ
ね。たとえば、雨がざーと降って来て、「きゃー、濡れちゃったねえ」って言うのも
すごく幸せだと思うのです。当たり前の中に幸せはあり、いつだって、手の中に幸せ
があるんですよね。

 今日は手の曲げ伸ばし10回がなんと18秒でした。すごーい。記録更新です。そ
れから、足の曲げ伸ばしも私が足を空中で支えながらですが、自然と曲げて伸ばして
ができていました。うれしいです。

 おはなし広報大使にただいま50人弱の方がなってくださいました。ありがとうご
ざいます。おはなし広報大使というとなんだか大げさですが、みんなで意思伝達の方
法を考えあったり、意見を交換するメーリングリストなので、
ohanashi-taisi-subscribe@yahoogroups.jp
に空メールを送っていただくと、しばらくしてメールが送られてきます。それを返信
していただくと参加できます。このあと、おはなし広報大使のカード(私はおはなし
広報大使です)というような認証カードなどを印刷できるようにPDFを作ったりしよ
うと思います。

かつこ